2008年01月24日

斉藤舞子アナ プロフィール

斉藤 舞子(さいとう まいこ)
愛称 マイマイ
生年月日 1981年5月2日
血液型 A型
出身地 北海道札幌市
身長157.4cm
趣味 ショッピング、料理
好きな本 戦国史新聞、豊臣秀吉自伝
好きな映画 アルマゲドン、電車男
好きな食べ物 焼肉
好きな色 オレンジ、白、ピンク
苦手な物 虫
2004年フジテレビ入社


斉藤舞子は、幼児期はアメリカンスクールに通っていた。札幌市立円山小学校、北海道教育大学附属札幌中学校、慶應義塾湘南藤沢高等部、慶應義塾大学経済学部卒業。

斉藤舞子の資格は、漢字検定2級、英語検定2級、書道3段、日本常識検定3級、普通自動車免許。
短所は、知らない間に誰かを傷つけているかも知れないところ。怒らせているところかも。


斉藤舞子は、中学校卒業文集には「将来女子アナになってタモリと共演する」と書き、それが実現している。大学では嵐の櫻井翔とは同じ学部の同級生である。ちなみに、笑っていいともや、ミュージックステーションで共演すると書いたらしいが、放送局が違うじゃん(笑)


斉藤舞子は2002年度の「ミス湘南フォトジェニック」に選ばれた。同年読売ジャイアンツのマスコットガール・チームジャビッツ21のメンバーだった。


斉藤舞子アナは、バラエティ番組での出演機会が多く、その印象も強いが、BSニュースの原稿読みや『銀幕会議2』でのナレーションもこなす。特に『銀幕会議2』のナレーションは紹介作品に合わせた声で行うこともあり、「なかなか味のあるナレーションをする」と同僚の島田彩夏が、「ニュース読みも朗読も上手」と松尾紀子アナがコメントしている(まる生にて)


斉藤舞子は、9歳のときにバトントワリング世界大会に出場し3位になった記録を持つ。地元のテレビ局も取材に来た。バトンの練習場がある裕福な家庭に育った。


高校時代はスキー部に所属し、上越国際予選 競技スキー(大回転)で13位。

斉藤舞子は、中学3年の時は、合唱で全国大会2位。幼少のころクラシックバレエやピアノを習っていた。


ダンス(特番でラララライ体操やオバ芸を披露。かなりキレのある踊りだった。)や、カラスの鳴きまねが得意である。カラスとは会話出来ていると思っている。


以上の特技のいくつかは2005年7月28日〜2005年9月29日放送の森田一義アワー 笑っていいとも!直前のジャンクション『斉藤アナのプチプチ自慢カーニバル』で9週にわたって披露され、その多芸多才が笑福亭鶴瓶らに高く評価された。


斉藤舞子アナは、あっぱれさんま大教授で、東京ヤクルトの宮本選手に、バントって消極的過ぎませんか?と質問していた(笑)

斉藤舞子は、自分で調べていて、普通はどのくらいなんだろうと考えず、調べてない事が多い。それで明石家さんまもあきれる事が多い。


斉藤舞子アナは、10メートル先からでも、アナウンス室にやってくるのがわかるほど、いつも大きな笑い声と共に現れる。

斉藤舞子は、自分でよく「私は黙っていればイイ女なんですよ」と豪語しているが、それってアナウンサーとしてどうなのだろう。


一部で最終兵器とも呼ばれている斉藤舞子アナだが、アナウンス室でチョコレートを配っていたれして、やさしい子だなぁ〜と思われる事もある。

4面に窓があるのにカーテンのない部屋に住んでいて、遊びに来た兄に指摘されて初めて気づいた。手書きの原稿は平気だけど印刷した文字を見ると気持ち悪くなるなどエピソードはとどまる所を知りません。


担当している笑っていいとも増刊号では、アイアイの替え歌でちゃんと録音してあるマイマイと歌われているテーマソングがある。

これからも斉藤舞子アナからは目が離せません。


posted by 斉藤舞子 at 01:59| 斉藤舞子プロフィール | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。